【プラハ】夜編 ブラックライトシアターとス◯リップダンサーの彼女

今回は夜のプラハ。
私はお酒全く飲まないのでしっとりしたバーには興味ないし踊り狂うクラブも行かない、でも夜出歩くのは好きという面倒な根暗。
今回の記事は果たしてどれ程需要があるのか。

夜ゆっくり時間取れる日がほぼないのもあり、謎のショーをネットで見つけて行ってみることにした。
(記事は2019年5月の情報なのであしからず)

<IMAGE ブラックライトシアター>

スポンサーリンク

パフォーマンス集団らしく、劇場を持っている様である。一風変わったブラックライトを使った不思議なショーらしく、今は「ギャラクシー」という演目をやっている。ほおおおお壮大なテーマだ。一体どんな銀河を見せてくれるのか(上から目線)

劇場の待合室(?)
時期によって演目を変えているようです
天井には何だか良い感じのオブジェ
演目中は写真不可ですが、中は小さめの映画館て感じでした

演目は1時間くらいだった。場内が暗くなり、そこからはパントマイムのみの寸劇と、ブラックライトの中に浮かび上がるダンサー達の不思議なダンスが交互に続く。皆さん体が本当に柔らかくて、しなやかに動くから、人間の動きではないような幻想的な雰囲気を作り出している。しかしながらコレは…銀河なのか…?

蛍光塗料を塗りたくったバランスボールが3個出てきて、会場で笑いが起こる。何する気だと思ったら、ただボヨボヨ上下に跳ねるだけでなく、ボールの上で体を滑らせたり、クルクル回転したりと一般人では到底できない離れ業をやっていた。そうやって使うこともできるのか…家でやったら大怪我しそうだ、捻挫とか筋違いとか頭ぶつけるとか…

星座をモチーフにしたダンスでは、双子座の女子2人が戸愚呂兄を彷彿とさせるくにゃくにゃ具合で、美しすぎる動きと筋肉がとにかく素敵であった。

最後はお決まりのご挨拶タイム。
実質的に7人くらいでやっていた様です。

ところでちょいちょい挟んでくる寸劇は、パントマイムなのに全くギャラクシーとどういう繋がりなのかわからず、終了後の率直な感想は「綺麗なダンスと妙なもの見たな」でした。
CGとかの特殊効果を使わずに、人間の動きとアナログな方法を使って表現を追求している印象。舞台とか好きな人は行ってみるといいよ(=´∀`)そして筋トレとストレッチのモチベーションが上がるよ。

<予約&行き方>
場所はトラムの「Narodni trida」からすぐ。
入り口にケンタッキーがある建物で、奥に看板が見えます。

ネットで見つけて、当日の夜を申し込み、クレジットカードで決済。
こんな↓画面が出て、入る時に見せればOK

IMAGEのサイト(英語)※日本語表示もできます
https://www.imagetheatre.cz/en/

ちなみに友人から頼まれたチェコビーズのお店を探していたのだが、上手く良い所を探せず、このシアターと同じ建物内にあるスタービーズに寄る。浅草橋でめっちゃ見たことあるな…

店内は日本人女子が数人熱心にビーズを選んでおり、店員さんは日本語が話せる。オーナーは日本人らしいよ!個人的には、ビーズはそこまでチェコっぽくて絶対欲しい!と心くすぐられるものは正直なかったが、ボタンがとにかくかわいい。虹色で、トンボやリアルなお魚のボタンなど日本で見たことないデザインが沢山あったので楽しかった(=´∀`)

さて、妙なもんを見たな…という不思議な感覚のまま外に出る。

22時頃で、少し夜も更けてきたか…と思いつつ、この有名な大通りで、看板を見かけてからずっと気になっていた所へ行ってみる。

<GOLD FINGERS >
場所は大通りで、メトロ「Mustek」駅の目の前。行けばすぐわかる。

スプリットタンのお姉さんが大変刺激的な絵面。衣装もかっこいい。
多分〜…SHOWと書いてあるので、大人のダンスショーが見られるのであろうと予想。店の前には黒人の客引きが男性にちょこちょこ声をかけており、私は、入ってみたい…けどちょっと怖い…でも…と周辺をウロウロしてチラチラ見る。すっごい怪しかったと思う…
客引きの兄ちゃんは当然ながら女の私には声をかけないので、仕方なく、「こちらは大人のダンスが見られる所?」と声をかけてみた。

兄ちゃん「そうだけど…えっ 何オマエ入りたいの?(ドン引き)」
私「うん…お酒も飲めないし、レズビアンでもないんだけど、ショーが見たい。入れる?」
兄ちゃん「うんまあ入れるよ…ついてきな」(何だこの東洋人)

兄ちゃんに連れられて地下の扉を開ける。
すっごいぼったくられたらどうしよう…
でもここまで看板大きく出してるし、ちょっといるくらいなら何十万円もは取られまい…(祈)
中は当然薄暗いが、かなり綺麗な内装で広い。
大きい音楽がズンズン鳴り、レーザービームが部屋中を駆け巡る。
ちょうどショーの合間だったようで、舞台の後ろに設置されている巨大モニターには次のショーの内容らしき?ものの紹介が流れている。

流血モノとかあまりにも変態的な感じだったらどうしようかと思っていたが、そこまでハードな印象ではない。
深夜ではないせいか、お客さんはほとんどいなくて、なぜか私は花道?のドセンター近くのテーブルに通される。まじで?

セクシーな下着姿のお姉さんたちが、私をチラチラ見て、遠巻きにヒソヒソ話してるのがわかる。おおう…タイみたいな、あっけらかんとした雰囲気で注目を浴びることもなく馴染めるかと思ったけど…欧州はやはり違うのか…?タイが異常なのか?
お姉さんたちも、よくわからない東洋人の女の私のテーブルに着きたくないんだろうな…
金持ってなさそうだし…そして実際そんな大金は持ってないし…
わかるよ…なんかすみません来てしまって。゚(゚´ω`゚)゚。

余談ですが宿にあったプラハの夜用パンフレット
中身を見るのは18歳以上になってからね
ニルヴァーナマッサージっていう名前のセンスが秀悦

そこへ、他の女性達よりは少しお姉さんな女性が、「はあーい」(=´∀`)と来てくれた。
おおお!!こんな私の所に来てくれて…ありがとうございます!!テーブルについてくれるシステムなのか。
とりあえず私はジンジャエールを頼み、お姉さんにも好きなお酒を勧める。こ…こういう感じでいいんだよな…?失礼じゃないよな?(こういう所の礼儀とかマナーとかド素人)

彼女は45歳と、かなり私よりもお姉さんだったが綺麗な人で、明るく気さくであった。何と、若い頃は日本の六本木に1年程住んでいたことがあったという。殆ど話せない!と言ってたけど、日本語も時々使ってくれた。彼女曰く、日本は物価が高くて暮らすのが大変で、マックと回転寿司ばっかり食べてたと。六本木なんて高いし恐ろしいし私は住めないがな。他にも色々な国へ行って、最後にホームタウンのプラハに帰ってきたそうな。

私「お客さん外国人多い?どんな感じなの?」
姉さん「外国人多いよ〜日本人は優しいし親切だから私は好き!でも中◯人はケチが多くて嫌なのよ〜!!!!」
私「そうなのか」

メニュー表を眺めると、ジュース、お酒やツマミの裏に、「ダンス」があった。
お…コレは…

私「このダンスって何?テーブルとか部屋とか色々書いてあるけど」
姉さん「なぁに〜笑笑 あなた私とダンスしたいの〜笑笑?」
私「ニヤニヤ」

私「もしかしてS◯Xとかってことなの?」
姉さん「違うわよ〜まあ…私に触れたり、大人なベタベタしたことできるの( ^∀^)」
私「ですよね、”テーブルでいたす”って凄いなって思ってたんよ。」
姉さん「私はお金もらってS◯Xはしないの!するなら好きな人とフリーでするのよ!」
私「それが一番でございます」

二人とも、年齢がそこそこいってるのもあり、気が付けば爆音とレーザービームの雨の中、ナイスバディのお姉さんたちが入れ替わり立ち代わり脱いでヒラヒラしたダンスを横目で見ながら、大声でお互いの人生これからどうする的な話をしていた。

私「彼氏いないんよ」
姉さん「私もいないーー!彼氏いないし結婚してないし子供もいないー寂しい!
でもあなたは大丈夫よ、私より若いもん。

私なんて最後にS◯xしたの半年前だし」
私「最近ですがな。私はもう思い出せない位前ですわ。

お姉さん綺麗で明るいし、スタイルいいから大丈夫だよ。
いい人きっと見つかるよ」
姉さん「何でそんなに前なのよーーー爆笑」
私「困ったものよ」

アレですね、友人にドン引きされる様な女の下ネタも、こういう所だと話せちゃうから楽しいね。世界共通で盛り上がるよね。おっさん達が、エロい話をつい飲み屋の女の子にしてしまう気持ちが少しわかるわ。
私のお◯ぱい触るーーー?!とお姉さんに迫られて、悪い気はしない、と思いつつ1時間くらい話をして店を出た。
正直、綺麗なお姉さん達のダンスをぼへええーーと見たいという感じだったので、あまり構われるのもな…と当初思っていたが、彼女と話ができてよかったな。お姉さんは明るくて気さくで一生懸命私を楽しませようとしてくれたけど、ちょっとどこか寂しくて悲しそうだった。

客引きの兄ちゃん「おお、どうだった?」
私「楽しかった お姉さん優しかった」
兄ちゃん「そうか、よかったな」

ダンス殆どまともに見られなかったけど、金髪ポニテの黒いマスクの5人衆のダンスは女王様感ぽくてカッコよかった。そして皆さんツルツルですよ。海外ではやはりそれが当たり前なのか。

さすがに宿に帰ることにしました。

プラハの駅はデザインがかっこいい。

15年位前、パリで有名な綺麗なス◯リップショー(クレイジーホース)を見て、それ以来興味を持ち、機会があったら行ってみたりしていたので、今回も勇気を出して入ってみた。パリのはちゃんとした高級な雰囲気の劇場で、衣装もお姉さん達の肉体美もすごいし、今思えばちょっと違う感じだったわ。日本のス◯リップは、また独特の雰囲気と文化があるよね。初めての時は暗黙のルールとかも知らなかったし。新しい世界をちょっと覗いてみる程度の浅い人間なので、ファンの方からしたら怒られるレベルですが、世界各国色々な文化があるな〜と。

これでチェコは終わりです。
プラハはある意味観光地化していて「チェコっぽい」感じを前面に打ち出してきているが、それでもやはり綺麗で独特のセンスがあって面白い街であった。
デモもやっていたが、チェコ語で全然わからず、何を訴えているのか、横断幕のアルファベットをネットで検索しても言葉が出てこず諦める。お陰で橋の上も広場も夜中まで大騒ぎであった。

カレル橋は彫刻が沢山で素敵

十字架から降ろされたキリストかな

所々派手にしてるのがなんか良い

触るとラッキーが起こるというジンクスのせいでそこだけハゲてる
ほふう
謎のお祭り
チェコはおもちゃがとってもかわいい
そういやチェコってアニメーションも有名だよね
お土産に人気というキャンディショップ
バラマキに良いそうな
アイシングクッキーも人気らしいですよ
有名なプラハのお菓子パン?みたいなやつ
せっかくなのでホワイトチョコレートを食べてみたが、デカイのでどっから食べるべきか困り、顔中にチョコがへばりつき、あったかいから溶けたチョコが服を汚す大惨事になった。
めっちゃ人いるな
今の時代じゃ大問題な光景
かわいいけど物凄く巨大

さらばチェコよ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です