【シンガポール】もう満足した

こんにちは〜
 
 
 
 
額に絆創膏をまだ貼っているので、よくそれどうしたの?と聞かれます。
 
マイドッグがバイトミーしてな…
えええ?!おおおっ!?
なのでドクターがソーイングマイスキンしてん
おう…さようか
 
みたいな会話をここ2日で5回位している。
スポンサーリンク
 
さて、本日の午前中は、この為にシンガポールに来たと言ってもマジで過言ではないスポットへ行きました。それはまた別の記事で。
 
それ以外のことを簡単にまとめて終わります。
もうね、シンガポールの全てを知った訳ではもちろんないんですけども、1人ですし、2日間でもういいです。
ありがとうシンガポールよ。
 
 
超有名な人気アイランドリゾート、セントーサ島へ行ってみましたが、ここは1人で来るところではない。
 
 
ユニバーサル・スタジオがあります。友人や恋人、家族で来て楽しんでください。
 
 
カジノに入りまして、ほんのちょびっとだけ遊んですぐ出る。
バカラやルーレット、ブラックジャックの卓、スロットマシンが大量にあり、広い。
 
 
 
猛烈な孤独に襲われるので、昨日ちゃんと観光し損ねたリトル・インディアへ再び向かいます。
 
あ、ちゃんと店いっぱいあった。ごめん。
 
 
シンガポールに来てまでインドの土産を買うのはどうかと思うので、フラフラするだけです。
 
 
 
 
お菓子屋で1つ購入。その名も「バタフライ
銀色だよこれ
 
これは、少し硬めのパンに、極限まで甘いシロップを浸み込ませ、独特の香りの何かをまぶした感じ。むせる。
 
 
血糖値が急激に上昇したところで、夜はとある場所へ興味本意で少し潜入します。
 
ゲイラン地区。
以前、どうやらシンガポールでは珍しい、淫猥な噂を耳にしたので、せっかくなので夜行ってみた。
雰囲気は、東南アジアと中国の雑多な感じが混じり、確かにやや異空間。
 
 
しかしながら、観光地とは違うけど…そこまでヤバい感じでもない。
通りを1本入ると人気はないし暗いけど…という感じでした。
アダルトグッズショップを1件見かけたのと、路上で30代位のお姉さんが、S⚪️X  DRUGと書かれた缶に入った何かや、色取り取りの錠剤がシートの状態で並べて売っていた。これでめくるめく世界へ行けるのでしょうか。
ビビりなので、お姉さんに話しかけることはなく、夕飯だけ食べて帰って来ました。
 
 
<おまけ>
 
シンガポールの心霊スポットを中心に研究・イベント開催を行っている団体。
ホームページもある。
Singapore Paranormal Investigators
URL   http://spi.com.sg
”パラノーマル”って響きかっこいい。
何かイベントに参加できたらいいなと思っていたが、11月以降イベントが開催されてない。
 
 
かわいい公園発見。インドなので牛が沢山います。
 
憩っているのはおっさんのみである。
子供どこいった
 
 
この旅行で初めて猫を見かける
ペカーッ
 
私が怖いらしく、凄まじく狭い穴に必死に体を捻じ込ませて逃げて行きました
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です