【メキシコ】人形島 ソチミルコ

こんにちは!

記念すべき第1箇所目は「人形島」のご紹介です!

メキシコシティから割と近場にある「ソチミルコ」という場所にあるスポット。「Island of the Dead Dolls」と呼ばれており、CNNの「世界7大禁断の地」にも選ばれております。

TVでも最近は特集されているので、知っている人も多いかと。

スポンサーリンク

ドン・ジュリアン・サンタナという男性がこの島に移り住み、溺死した少女の霊を弔う為に、人形を集めて祭壇を作ったり、島の各所に吊るしまくってる。

私は元々存在を知らず、メキシコシティで同じ宿に泊まっていた、大学生Sくんに誘われて、ノリで一緒に行くことにした。

地下鉄のソチミルコ駅まで行き、そこから船着場へ向かい、船を漕ぐおじさんと交渉する。ソチミルコは水路が張り巡らされた、遊覧を楽しむ観光がとても人気なのです。

可能な限り大人数で行きましょう。2人で船貸し切って、この時1人4000円位かかった。高い。この人形島に果たしてどの位の人が付いてきてくれるのか謎だがな。

ちなみに、「Island of the Dead Dolls」っておじさんに言っても通じなかった。ダメじゃん。人形島の写真を事前に保存して、おじさんに見せれば大丈夫。

こんな感じの水路をプカプカゆっくり進む。たまに欧米人の皆様がどんちゃん騒ぎしている船とすれ違う。

船を降りて別の水路へ船を運ぶと、突然ネズミの死骸が浮いていたり、水が急に恐ろしく汚くなったり、恐怖をやや煽られること1時間…

おお…あれか…!

こ…こんにちは…

本当に沢山の人形が累々と吊るされている!!

木にびっしり

もう完全に呪われる系の人形だな

皆さん首がなさすぎ

この頃の私は、Instagramを画像加工アプリだと思っており、タイムラインにUPすることなく、自分1人で意味もわからず不気味に加工して楽しんでいた。

これはお気に入りの一枚

ひいいいいい

サンタナが住んでいた小屋の中にも、オリジナル加工された人形がびっしり

なぜ鼻血って独特の雰囲気があるのでしょう

よく見ると間抜けで手ェ抜きすぎだと思う

サンタナのお墓も島内にある。人形に囲まれて幸せでしょうか。

こええええ

大体1〜2時間位いたでしょうか。そんなに大きい島ではない。

S君はキャノン砲みたいな巨大な一眼レフを用いて様々な写真を撮っていた。

私はこの時iphone4sしか持ってなかったので、写真は全てiPhoneです。ちなみに未だに4sを愛用しております。すごいでしょ。

2人で興奮しながら写真を撮りまくっている間、船頭のおじさんと、どこからともなくやってきた仲間のおじさん達は、お菓子とか食べながらのんびり待っていた。

猫もいますよ〜

面倒臭そうにカメラ目線をくれた。住んでるのかしら。

島を出る頃、グラサンをかけた欧米人のイケイケなグループが、マリアッチ隊を率いて上陸。島内に容器な音楽が響き渡る。

不気味な雰囲気が一気に雲散霧消。

とても楽しい人形島。FBにUPすれば友人達の話題を瞬間的にかっさらえますよ。

メキシコに行く際にはぜひお立ち寄りください。

そしてこの時を境に、私はB級スポット、珍スポットの魅力に取り憑かれたのでした。

 

<行き方>

メキシコシティのメトロに乗って、終点のソチミルコ駅まで行く。30分くらい。

そこから、「船着場」の看板にそって少し歩く。10分弱。

道中はマーケットもあって楽しい。

Island of the Dead Dolls
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です