【洛陽】龍門石窟まじですごい あと関羽の首塚見たりしてきた

せっかく洛陽にいるので、有名観光地も観光しよう。

中国三大石窟の1つ、「龍門石窟」

龍門石窟は、494年に北魏帝が洛陽に遷都した時から造られ始めたそうですよ。

1500年以上前か〜スゴイなァ

スポンサーリンク

洛陽は割と小さい街で、中心地にはいろいろなお店が密集しているけども、少し離れると結構何もない。私が宿泊していた宿は、丁度洛陽駅と有名な見所の中間地点でバスが何本も走り、どの場所にもバスで15分位で着いてしまうという驚異的に便利な立地であった。

※後ほど下に載せます

「世界遺産が近い街、洛陽。」あ、このキャッチフレーズ結構いいと思う。中国広すぎて遠いんだよ、観光地が。

話がそれたが、龍門石窟、まあ時間できたし観に行くか位のテンションだったのだが(世界遺産に対して超失礼)、行ってびっくりした。

まあ、ここも入場口から石窟まで相当歩きましたよ。

川が流れていたりして歩くのは苦痛ではない。

橋も良いね

1km位歩いたのに…「いよいよ本当の入り口だよ!」感をぶつけてくる門

タイトルにある通り、この石窟本当にすごい。

おおおおおお

うそおおおお

なんて優しそうなお顔

びっちり細かい仏像たち

これは!

岩穴1つ1つに仏像等の彫刻が彫ってあったなんて

仏像マンション!!

 

残念ながら盗掘されているもの多数。

イギリスとかドイツの悪党が顔の部分盗んで持ち出し、本国に売ってしまい、現在顔部分だけ向こうの博物館に所蔵されているという。なんとバカなことを…

ここがメインの場所。

巨大。

ドオオオォン

「下々の小さき者たちよ」

この岩、橄欖岩質(?)という結構彫刻するのが大変な種類らしく、ここまで造るのはとても時間がかかったらしい。こんなに滑らかに加工するのは相当な技術が必要だろうに、大変美しい。

この橋を渡って反対側に渡って帰るルート。

泳ぐおっさん

川の反対側から全体像を見渡せる。

これは圧巻。

 

そしてもう1つ、三国志で有名な関羽を祀ったお寺、「関林廟」

商売繁盛のご利益があるそうで、近隣には関羽にちなんで巨大なマーケットもあった。

願い事を書いてあちこちに結ぶ

 

おお、赤兎馬!(ただのジオラマ模型)

記念撮影

ここの関羽さまは大変迫力がある。

おおおお…こわい、閻魔さまですよまるで

でもお賽銭を頑張って弾ませる。

今後経済的にどうぞよろしくお願いいたします

寝てる関羽さま。なぜこれを…?

敷地の一番奥に、関羽の首塚があった。もちろん扉はびっちりと閉められていた。

廟の周囲は謎の池や謎のキャラクターがポツポツ。

暑くてあまり人はいなかったけども、なかなかゆっくり見て歩くと楽しいし落ち着く場所。

※龍門石窟、関林廟共に、大変有名な見所なので、めちゃくちゃいろんなバスが走っている。ご自身の宿泊場所によって、スタッフさんや受付の方に聞けば大丈夫だと思う。

 

<洛陽の宿>

ルオヤン ロンメン ユースホステル(Luoyang Longmont Youth Hostel)

number 347, Zhaocun, Longmen avenue, beside the bus station of Zhaocun., Luo Long, 471023 洛陽市, 中国

立地がとても便利。目の前バス停。

ロビーが吹き抜けで広くて居心地が良い。Wifiもしっかりしていた。VPNはちょいちょい切れたけど。シャワールームも綺麗な方。ただ、トイレがなぜか流れない、紙がない等のトラブルがあって焦った。

ここで飼われている猫。毛が長くて巨漢で、野太い声で「ナオオオォォン」と突然部屋やトイレに入ってきたりする。めちゃかわだった。

 

<おまけ>

洛陽で食べた坦々麺。あれ…担々麺て挽肉のってるアレじゃないの…?

いろいろあるのね担々麺て。焼きそばみたいだった。ピーナッツ入ってたし。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です