【ヤンゴン】密やかなる珍寺 ガネーシャ・テンプル(GANESH TEMPLE)

ヤンゴンの中心部、スーレーパゴダの近くに、ヒンドゥーと仏教が融合したちょっと変わった寺がある。

「ガネーシャ・テンプル」(GANESH TEMPLE)

名前だけ見ると完全にヒンドゥー。インドである。

スポンサーリンク

入り口に、電光掲示板でピカピカ光る「GANESH TEMPLE」の文字が動く看板がある。

そして……!!

どうやらコーンを売っているおばちゃんがおり、暇すぎて売り物のコーンを定期的に道路に撒いている。その瞬間、大量の鳩たちがブワワーッと地面に舞い降りる。羽が舞う。

もうね、ハッキリ思いました。

これ下くぐって入りたくねええええええ

しかし、炎天下、せっかくここまで歩いてきたので、このまま帰るのも癪である。目を閉じて祈りつつ、この地獄の門を、息を止めて一気に素早く通過。無事に投下されずに済みました。

中はこんな感じです。人は殆どいないのでガランとしている。

ここはもうインド。

おお!さすがガネーシャテンプルだけある!

パンチヘアーのガネーシャ様…!

いやいやいやちょっとおかしいけど…

融合が無理やりすぎるけど…

これもう完全にヒンドゥーのお寺じゃんと思いきや、いろんなテイストが混じっている。いろいろな聖人や神様の詰め合わせである。

 

あ、ポッパ山の聖人、「ボーミンガウン氏」

相変わらずVシネテイスト満載であります。

手に乳を持っているので「サンダームキ」だと思われるが、顔が完全にヒンドゥー仕様である。

中国…

これはヒンドゥーの神様…?ハヌマナ神…?

後ろの仕上げがすごい。これでいいのか?

そして…

出たーーー!!サイババ!!

そう、私はこの寺にサイババに会いに来たのです。まさかミャンマーでサイババにお会いできるとはな…!

顔が真っ白でバカ殿みたいになってらっしゃる。怖い。

この寺院を造った方。

お2人程お祈りしていた。

外も神様がいらっしゃいますよ。

まあでも基本殆どインドの神様です。

ようやく少し仏教。

外の敷地は、裸足にならねばいけない中、大理石とコンクリートしかないので、足の裏がもう炙り〆鯖です。ヒリヒリします。わかり辛いけども結構頑張って写真撮りに行ってます。よろしくお願いします。

アクセスもいいし、小さいお寺なのですぐ見て回れて面白いのでオススメ。しかし入り口の大量の鳩に気をつけるのと、午前中か、日没の時間に行かないと足の裏火傷しますので注意。

 

<行き方>

大体この辺り。

Myanmar Microfinance Bank (Pansodan Branch)

 

ヤンゴンの中心にある、ヤンゴン第二の規模のスーレー・パヤーから東に歩いて5分くらい。

 

これでようやくミャンマー編は終了です。長かったな。

ミャンマーは、東南アジアの中では比較的物価が高い&鉄道がまだあまり発達していないのでタクシー代がかさむけれど、とてもいい人達が多く、穏やかで優しい大好きな国です。ぜひもっと、効くエアコンとインターネットに繋がるWifiとコンビニ作ってね…!

今回はバガンの夕日ヤンゴンの民俗村をスルーしてしまったり、メガネ寺等面白そうな所も日数の関係で行けませんでしたので、ぜひまたいつか訪れたいと思います。ミャンマーの可能性は底なし…!!

約2週間ぶりにものすごくエアコンの効いている巨大ショッピングモールに入り、気持ち良さと感動でしばらく惚ける。

 

<おまけ>

ミャンマーの街中。

謎の一角にチョコチョコと鳩が大量発生している。怖ッ

ちゃんと契約してるのか謎のアンテナが大量に。

人口密集の街。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です