【モンユワ】タウンボッデー寺院 ミャンマーの秘めたる珍寺の可能性

マンダレーで予想以上に長居してしまったが、4月23日どうにか脱出し、マンダレーからバスで4時間ほどの「モンユワ」という街に移動。

※ミャンマーのWifi事情が芳しくなかったので、結構前の記事になってしまっていてすみません。

モンユワはあまりまだ知名度がないのですが、中々面白そうなものがあったので寄ることに。「世界No.2の大きさの大仏」「妙な寺」である。

スポンサーリンク

モンユワ自体はそこまで「ザ・見所」が多い場所ではないのと、どれも近いので、バイクやトゥクトゥクを使えば、1日で全部見られる。

本日はお寺の記事です。

まぁしかし、「妙な寺だ…」とこちらは思っていても、ミャンマーの皆様からしたら大変神聖で重要な施設なので、敬意を払って訪れたいと思います。

さあやってまいりました。

「タウンボッデー寺院」

見た目からもう心奪われる。やばい。

いろいろ建物が敷地内にあるのだが、このトゲトゲがびっしりあるのが本堂。

小さい仏像がビビビビビビッと果てしなく並んでいる。細かいな…!

目を凝らしてよく見ると、若干1つ1つはアバウトな作りなのがかわいらしい。

外の色はピンク色が強めでファンシーな印象である。

たまに見かけるのだが、この頭が人間、体がライオン?犬?の像は、一体何を意味しているのだろうか…申し訳ないが気持ち悪い。

ぬら〜

 

中に入ってみますよ〜外国人は1人3000チャット(300円弱)。

巨大な仏像。これが延々と奥まで続く。

合わせ鏡みたいになってるよ…!

すごい視線を感じる…

中にもびっしりと小さい仏像が。外と合わせて合計何体あるんだろうか。

ブワッ

 

薄暗くて写真が難しい。

この角度は、他意はないのだが、どうしてもこういうショットになってしまうのですよ。

こんにちは…よろしくお願いいたします…

こちらの方はハイネック。何か違いが…

皆さん熱心にお祈り中。

 

他の建物も回ってみましょうか。

池の中にいる神。

魚に餌をやるとご利益があるらしいんですけども。

コレ餌。売ってる。

魚いるのか。餌浮いてるだけになってる。これもう無理だよ…中の環境が生き物住めるのか怪しいよ…

 

こちらは恐らく…ブッダの受難シリーズのどこか。

だから怖いって…

ふんふ〜ん

 

 

あ、トラが服着てる。こっちは服着てない…なんで…

神様の像もなんとも言えない出来栄え。

背広着た人がいるあたり、本当に最近できたものなのだと思われる。

寺院だからか、靴は履かない。靴を脱いだ石田純一氏仕様。

ミスマッチ

 

塔発見!

しかし残念ながら女性は登れない。ミャンマーの若者たちがじゃれ合い、追いかけっこをしながら塔に走って登っている。

 

いつも不思議だなと思うのだが…

ミャンマー人の皆さんは信仰が厚い。土足や肌の露出した服は厳禁で、絶対に監視員は見逃さない。老若男女、全ての人々が、しっかりと膝を付いて頭を地面に付けてお祈りをする。

そして、その後フッツーに携帯を出して写メを撮る。セルフィーモードにして、金ぴかの仏像をバックに若い女の子達がキメ顔で撮影する。広い境内だと仏像の前でお祈りした後、少し脇に避けて家族でお弁当を広げて食す、横になって寝る(足は仏像には向けない、これは大事)、くつろぐ。カップルは手を繋いでひそひそ話。子供は遊ぶ、走る。

何がOKで何がNGなのか、明確ではあるが、それOKなのか…みたいなことが多い。

夕暮れ時、入り口付近を再び通る。痛そうなシルエット。

この寺院、もう「珍寺」に加えてよいのではなかろうか。

ミャンマーは、まだそこまで珍スポットは発見されていないので、こういう寺がもっと今後続々と発見されるのではないかと期待。

犬もたくさんいるけど皆穏やか。

この辺りです。

Thanboddhay Temple
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です