【バンコク】巨大ピンクガネーシャに祈りを ワットサマーンラッタナーラナーム

プロレスとメタルにまみれた今回のバンコク滞在。

楽しかった…ダラダラした…太った…でも楽しかった…終盤全然旅っぽくなかったな…

モダンな天女様

スポンサーリンク

Cさんを始め、Hさん(駐妻)と、メタルギタリストMさんと、Iさん(バンコクで働いてたけどもうすぐ日本帰る予定)が、イタリアンレストランでお別れの食事会を開いてくださった。めっちゃ美味しい。外側からナイフとか使うようなレストランである。久しぶりすぎてソワソワする。

その後、Mさんは帰宅し、残ったメンバー4人で、キャピキャピしながらバンコクの隣の県にあるお寺へ。

Hさんの駐妻の威力を借りた、お抱え運転手の方が連れて行ってくださるゴージャスな観光である。1人だったら絶対無理なVIPぶり。

ワットサマーンラッタナーラナーム

名前なげえぇ

ドォォォオン

結構有名でTV番組とかでも紹介されているお寺。

巨大なピンクのガネーシャが特徴。

高速で願いを叶えてくれるそうな。

なんかそういうの多いなタイ!頼むぜ!

この周辺は中々に賑わっており、こんな所で堂々とパクって大丈夫なのかと心配になるようなキャラ達が沢山いますよ。

中国の遊園地なんて目じゃねえ。

手抜き過ぎる悟空

うわあああ一休さん!!!なんかキモい!

しかもお布施すると多分声出してくれる仕掛けのやつ。

めっちゃ頭良さそうなのび太。

…!!

写真撮り忘れたけど、アラレちゃんや大人悟空もいますよ

こんにちはガネーシャ様

実物はかなり巨大。日光浴びすぎてピンクがかなりくすみ始めております。

ナーガもデカい

自分の生まれた曜日によって色が決まっており、その色のネズミの耳元でお願い事を囁く。囁く側とは逆の耳の穴を手で塞がないと、願いが通り抜けてしまうので、しっかりとネズミの耳の穴に指を突っ込みましょう。

※ネズミはガネーシャの乗り物で、ガネーシャが操っているそうな

私は水曜なのでミドリのネズミです

これでもかとお願い事をいくつも言いまくる。こんなにお願いするならお布施全然足りないんじゃなかろうか。

凄い顔して必死に耳の穴を探す。

ガネーシャ様の巨大さがわかる。

こちらは白いネズミで、金運アップをしてくれるお方。

凄まじい人気。

何卒よろしくお願いいたします

ネズミは高い所にいるので、ちゃんと台もある

 

 

このお坊さん達がリアル過ぎてすごかった。

最初Cさんは本物かと思ったと言う。

タイの短冊。Iさんがお願い事を書いて吊るす。

近くの川にどっかーんと浮かぶハス

私とIさん

派手。

プカプカ浮いてるのでちょっと船の上の様

このお寺楽しいですよ!バンコクからちょっと離れていて、バス等使うアクセスは面倒だけど、お店も沢山あるし、近場には他にも穴場のお寺があるらしいので、ぜひ行ってみてください〜

 

 

仲良くしてくれた皆さん…どうもありがとうございました。まさかこんなにバンコクに知り合いができるなんて、半年前の私は想像もしていませんでした。

特にCさん。3月にライブハウスでたまたま出会っただけで、そしてマリリンマンソンが大好きという共通点だけで、どこの馬の骨ともわからない私を家に居候させてくれて、仲良くしてくれて本当にありがたい。

Cさん「馬の骨だから居候させたのよ。完璧な人なんてつまんないじゃない。訳わかんなくて面白そうだと思ったから。」

感動し、寂しいなあ…としみじみしつつ、Cさんとコーヒーを飲みながら、Cさんオススメの、ゲイの恋愛韓国歴史エロ映画を鑑賞し、変なテンションの上がり方をしたままに夜中の3時半にタクシーに乗り、空港に向かった。

 

<おまけ>

バンコクにあるルンビニ公園に、オオトカゲが住んでいて、朝夕の時間に見られるということで、いつか滞在中に行かねばとずっと思っていた。

朝は大変弱いので、とうとうバンコク滞在終盤の夕方に決行。

広いですなルンビニ公園。

しかし…一体どこに…

そこらじゅうに、健康の為にジョギングやら太極拳やらやっている人々がうじゃうじゃいて、かなり煩い。

結局一回りしたがトカゲを発見することはできず1時間近く歩き回って疲れたので帰って来た。

後で聞いたら、池から上がってくるのがいたり、木の上にいたりするのを見られるらしい。…どのくらい待てば会えるのだろうか…?

中々にエアロビをしている様子が面白かったので動画撮ってきた。

興味ある人は再生してください。

えらく揃ってるけど、有名な振付師のダンスとかなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です