【バンコク】ワット・パイロンウアの歪んだ地獄

タイの中には無数の寺があり、その中にある地獄もいろいろございます。

ということで、その中でもこれだけはまず押さえておきたい地獄ワットパイロンウアに行ってきた。

スポンサーリンク

おお…広い。

知らなかったんだけども、ワット・パイロンウアはとても巨大な施設で、その中の一角に地獄ゾーンがあります。

バスを降りた所から500m、炎天下の下を必死に歩く。

暑い…大地が焼けている…

 

今更ですけども、今回も地獄のジオラマ閲覧注意です。

グロいっていうよりも、歪んだ形がかなり気持ち悪い!↓

 

 

 

「land of hell」

きた…うわあ…アレだ…!!!

入り口の像が大きくてテンション上がる!!!

うわわわあこれ怖い!!

誰が作るんだろうこういうの

ここでおそらく裁判が行われる

子供達が遊んでいたり、カップルや学生さんが割と多い。

地獄に堕ちた血まみれの囚人達の中を走り回って遊ぶ子供。

タイでは、「悪いことすると地獄に堕ちちゃうよ!」と子供に教育する為にこういうの作るらしい。刺激が強すぎないか。私なら暫く夜うなされる。

今の私にはシャレになりません

 

トスッ

個人的にこういうの好き。自分にないセンス。

一番しっくりくるのはやはりヤギです

皆に拝み倒されているお坊さん…?

これ、絶対日本で大ヒットした漫画、巨人が人類食べるヤツに出てる。

この写真、3ピースのデスメタルバンドのジャケットとかにオススメです。

いかがでしょうか。

 

釜茹で地獄は電動で、ゆっくりゴゴゴゴゴゴ…と回っていた。

下に見える小さい壺に、バーツより更に小さい単位の「サタン硬貨」を1つ入れると1つ煩悩が消えるという。単位の名前もここでは恐ろしい程にマッチ。

タイの人々の感覚が本当にわからん。

入り口の近くに、お布施(Donation)ができる所があり、お坊さんが駐在。

せっかくなので、1口20バーツを。お線香3本と、金箔4枚、証明書がもらえて、その後ろにあるお釈迦様にお祈りできます。

…バックがもう何と言ったらよいか…

好きな所に金箔を貼り付けられる。

…と、その時お坊さんが、おもむろにマイクを手に取り、

「ミセス⚪️⚪️⚪️(私の名前)、サンキューベリーマッチ、サヨナラ、サンキュー、アリガトウ!!」

と結構な大音量で連呼し始めた。

ミセスじゃない。

そして恥ずかしいのでやめてください。

ボトル入れたホストクラブかここは。

びっくりしている私を見て、お坊さんは更にドヤ顔で連呼し、5分位喋っていた。繰り返し聞いているとラップみたいだった。

もしワット・パイロンウアの地獄で、名前をマイクで呼ばれたい方は、お布施するとやってもらえるよ、きっと。

 

<行き方>

Wat Phai Rong Wua

 

バンコクの南バスターミナルへ行く。

※バスで行く方は、出発する場所にもよるので詳細は運ちゃんに直接聞いた方がいいけども、西に向かう道路側のバス停にいれば結構行くバス通る模様。私は79番に乗った

68番バスに乗り、そこから約1時間半。

※何時に出発するかはわかりませんが、私が行った時は、午前10時過ぎに南バスターミナルを出発した

「ワット・パイロンウア」と言えば、着くと降ろしてくれる。「バンコクへの帰りは⚪️⚪️時に来るからね」と言ってくれるので、本数は大変少ないらしい。注意!

 

<おまけ>

地獄ゾーン以外のワットパイロンウアを少しご紹介

他も結構シュールで楽しい

あまりにも広いので、皆車やバイクで移動している。

トイレが全然なくて本当に困った

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です