【バンガロール】バンガロールでの怠惰な日々&マハラジャマックのレビュー

こんにちは。

プッタパルティからバンガロールに戻り、少しゆっくりしようかと。まあ2泊だけなんですけど。バンガロールに着いて、バスに乗って宿を目指したのですが、運賃回収する係のおっちゃんに、トボけられて5ルピー(10円弱)を余計にせしめられ、オマケに全然違うバス停で降ろされ、宿まで2km歩く羽目に。「外の世界出た途端コレだわ、やっぱり汚れてるわ、やってられん」と怒り心頭。

スポンサーリンク

切符買うのも難しい、目的の駅で降りるのも難しい、バス乗るのも買い物するのも一筋縄ではいかない、まだ南インドなのに一々こんなんで腹立ててたら血管切れて死ぬ、それがインド。

でもアシュラムには戻りたくない。好きな物を食べて、お腹を壊さず、楽しく安全に、気を使わずに好きなだけ旅行したい。ただでさえいい歳こいて、独身で無職でフラフラしているというのに、何を言っているんでしょうか。自分で笑える。

宿に着いた途端、飼ってる猫2匹に纏わり付かれ、イライラ全てがチャラになり、「うおおおほほほふ」と猫と遊ぶ。

ここの宿はWifiも早いし、近くにスーパーや飲食店もあって、メトロ駅から遠い&ちょっといいお値段だけど良かった。しかも朝食着いてる。卵好きなように焼いてくれたり、ベジタリアンの人向けのフルーツ盛りとかシリアルとかもある。

<Electric Cats Annexe>

594, 1st Floor, Jeevan Bheema Nagar Main Road, Indiranagar, 560075 バンガロール, インド

スタッフさん超親切。実は中国の終わりから風邪をひいて咳をしていたのだが、それを見た途端VICXSをかき集めて渡してくれたり、「日本人が前置いて行ったよ」と東野圭吾氏の小説をくれたりと、至れり尽くせりであった。

 

本日は、本当に内容のない記事で申し訳ないんですが、旅行の忘備録もかねておりますので、興味のない方はすっ飛ばしてください。

 

お客さん同士もフレンドリーで、インド人女性がサリーを貸してくれて、ドイツ人と2人でサリー着て遊んだり、同じ部屋のインド人「カニカ」と一晩中喋ったり、ショッピングモールに映画見に行ったりと、全然旅っぽいことはしていなかった。

猫をかまうカニカ

この23歳インド人カニカ、大学卒業後就職し、友人とシェアハウスをしていたが、お母さんと住むために、アパートor一戸建てを探すため、現在このゲストハウスに滞在しながら仕事しつつ家探しという大変な苦労人であった。「皆好き放題私に言ってきて…毎回言うこと変わるの…私ホームレスなの…」と出会った時から疲れた顔をしていた。こういう苦労してる子に限って、心の支えになる彼氏がいないという世知辛い世の中である。早くどこかのイケメンの金持ち捕まえな。

カニカは日本語が少し話せて、NARUTOが大好きで、「イタチ様…❤️」と時々呟いていた。「誰が好き?!」と聞かれて、実は中忍選抜試験あたりまでしか読んでない凄まじく浅い知識の私は、「カカシ先生がかっこいい」と30代女性にしては当たり障りない回答しか出来なかった。そういえば「写輪眼」て英語で何て言うんだろうか。

「カニカが日本に来たら、秋葉原か池袋に連れて行くよ」と言ったら、「嫌!だって大人のおじさんが、子供向けの漫画読んでるんでしょ!そんなの見たくない!気持ち悪い!」と言われた。どこでどう知識を仕入れているのだ。まあ全くのデマという訳でもないが、日本は割と大人も漫画を読むのに比べ、まだまだ海外では漫画やアニメは若い人向けの文化というイメージが根強い。あー漫画喫茶行きたい。9時間くらいずっと漫画読みたい。

もう本当に、旅行に出てからというもの、ワンピースとNARUTOとドラゴンボール、ジブリといった、日本の漫画・アニメにお世話になっている。あ、キャプつばが好きというスリランカ人もいたな。私が何をした訳でも全くないのに、偉そうに「日本のアニメすごいでしょ〜クオリティ高いし面白いでしょ〜」と自慢しまくっている。すみません。

 

では次に、インドのマクドナルドでしか食べられない、「マハラジャマック」のレビュー。名前が凄いな、マハラジャて、と以前から興味はあった。旅行中に出会うインド経験のある旅人達に、「食べた?!どうだった?!」と小まめに聞いていたが、答えは全て「…覚えてない。」「食べたのだけ覚えてる。」「特別にすごく美味しかった訳でもマズかった訳でもない。そういう味。」というコメントで統一されていた。そこまで…!記憶に全く残らない程の凡庸な味、”マハラジャマック”とは…!

パティには鶏肉を使用している。マハラジャマックには、通常サイズと、ジュニアサイズがあり、私は今回はジュニアサイズのセットを食べてみた。208ルピー(400円弱くらい)と、インドでは中々のお値段。

※通常サイズはパンとパティが2倍なので、ビッグマックみたいな感じになっている。

…うん、皆が言ってたことがわかった気がした。牛肉じゃない&チキンフィレを揚げているのとは違うので、パティはちょっとパサパサしている。レタスとトマトとサウザンドレッシング。そして、唐辛子のピクルスが挟まっている。これが辛い。後からピリピリくる。これがインド仕様か?

確かに、普通に美味しいけど、また頼むかと言われると、正直わからない、気分が乗ったら、という味であった。普通に牛肉のハンバーガーとかテリヤキバーガーとかの方がジューシーで好きです。ごめん。

でもインド来たら一回は食べてみるといいと思います。

 

<おまけ>

カニカが別れ際、インド風にメイクをしてくれて、その際に使ったアイライナーをくれた。ジャイプール産で、ハーブが入っていて、塗ると目の周りがスースーする。細い筆で描いても、指で直接目のキワに塗ってもOK。かわいい。ありがとう。お返しに、謎に荷物に入っているのに全然使ってない桜柄の扇子をあげた。桜といえば、NARUTOの話をする時、皆サクラを「サークラチャン」と言うのだが、チャンまで名前だと思ってないか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です