【ソウル近郊】【閲覧注意】男根レストラン(DEULMUSAE)をもっと広めたい

この強烈なレストラン。モザイクオンパレード。
ソウル近郊に、こんな所があるらしいとのことで、行かねばならぬと日程に無理やり組み込む。

1つずつかけるの大変だったよ

ソウル中心部からは離れており、電車とバスを乗り継ぎ1時間半くらいかかったかな。
結構山奥っぽい所にあるのよ。人がいなさすぎて不安になる。

最寄りのバス停
スポンサーリンク

【男根レストラン(DEULMUSAE)】
ちなみに「男根レストラン」は私が勝手にそう呼んでるだけなので正式名称は不明。もらったショップカードに上記のアルファベットが書かれている。お店の名前はハングルで読めんかった。どういう経緯でここができたのか不明だが、結構大きい、外のテラスもある、天然の木材を大いに利用し、更にその形状を上手いこと活用して結構芸術的な雰囲気すら漂わせる、高級感と貫禄が妙に溢れるレストランであった。
このブログでは今更なのでここからはもうモザイクなし。実物じゃないしいいでしょもう。(面倒くさい)

どこを切り取っても色々すごい。

まず大通りからレストランへ通ずる坂道
夕方近くに行った為、明かりが灯った沢山の首を少し傾げたかわいい男根たちが迎えてくれる
いらっしゃいませよ
記事トップ写真のモザイク無しバージョン
レストラン全体図
右のシンボルの主張のダイナミックさよ

早くも入り口の時点で軽く「男根」というものに対してゲシュタルト崩壊し始めているのだが、内部も大量に男根が設置されていた。

アンニョン〜
ずおおおおおお

出てきた店員さんは高校生くらいの若いすらっとした女の子であった。
えっ 大丈夫なの?

ここのレストランの娘さんぽい雰囲気。
私が日本人だとわかると英語のメニューを持ってきてくれた。外人結構来るのかな。

娘さん「1人で来たの?」
私「うん」
娘「ふふっ えへへへへ」
私「うえっへへっへ」

※まじでこんな感じで2人で薄ら笑った


入り口にいきなりある男根で作成された世界地図。日本はおろか韓国すらない
ばあああん
天然の木目が美しい…コート掛けみたくなってる
レストランの中央が吹き抜けになっており、こういう泉が設置されている
これを眺めながら食事をするのである
こういうセンス本当にすごいよねえ
どうやって思いつくんだろ
年齢と共に男女の衰えを表す木の浮き彫り。
哀愁を感じるよ
ライトが全て男根になっているなど、芸が細かい
群馬の珍宝館のようだ…
天然の木の形の美しさを存分に利用した作品たち

さて、私はシーフードトマトパスタとカフェラテをオーダーした。

あのね…正直こういうレストランでシーフードはやめた方がいいと思うの。
すみません…美味しいんだけど、海の幸の香りが…
カップもマドラーもこんな所までちゃんとしていて笑う
店内をウロウロしたらパントリー的な所があり、大量の男根マグカップが。
アトリエもあった。ここで沢山の男根グッズが生み出される

夕方のちょっと早い時間に行った為か最初はお客は私1人だったが、途中から急に男女15人くらいの団体客がやってきた。しかも結構ご年配の集団で「町内会の集まり」みたいな感じである。ここで町内会の会食していいのか?すごいな。楽しそうに談笑してるし。

奥にうっすら映る団体客

ちなみにトイレは

バッグ掛けるフックもちゃんとしてる
やたら広くて色んなものが置いてある

かなり辺鄙な所にあるが、お値段としては強気の観光地価格。パスタとコーヒーで22,000ウォン( ;´Д`)
レジの所では男根キーホルダーも売ってる。
実は私は、初めて「エロいレストラン」へ入った。面白いなあと思いつつも、正直人間の大きい欲求コンテンツのうち2つを一緒にするのはどうなのだろう…と感じた。若干頭が混乱するというか…あまり親和性がない2つというか、同時に並べていいものかどうか…でも旅行の思い出としてはかなり強烈で楽しいので、何度も韓国行って粗方観光地は行き尽くした方や、こういうの大丈夫な方はぜひ時間作って行ってみてください!娘さん英語できるし優しいよ( ´ ▽ ` )ノ

また来てね

この日はラブミュージアム→男根レストランのコースだったので、エロ尽くしの1日となり、もうよくわかんないなァと思いながらホステルへ戻った。

<アクセス>※私はこのルートで行ったのだがこれが正しいのか…
①地下鉄で1号線「議政府」へ行く
②ここいら辺のバス停を見つけ21番のバスで30分くらい
『Hanaul』という所で下車、そこからバスの進行方向そのまま道沿いに歩いて10分くらいで左手に巨根が見える。

議政府駅からのバス停はこのへんにあった
庶民的な雰囲気のバス停
バス停の斜め前にはヅラ屋
ショップカードの地図
道中にある壺屋
普通のカフェもレストランの近くにある

バス停のそばにあるケバい建物。寒い中いつ来るとも知れないバスを待つ中、目の前を車が何台もその建物に吸い込まれて行き、ああラブホかぁと途中で気付く。今夜は土曜日。カップルでさっきのレストラン等に行ってテンションを上げてこちらへ行くコースなのだろうかと下世話なことを考えていた。30分くらい待ち、7時くらいにバス来たから良かったけど、終バスとか時刻表らしきものが何もないから大分不安。早めの時間に行くのをお勧めします。

<おまけ>
韓国のサウナが有名で女子たちに人気らしいので、せめて少し位は女子っぽいことをしようと行ってみた。滞在している弘大から歩いて行ける距離の「HAPPY DAY SPA」

深夜便利用の人とか、ホテルより安いので泊まったりすることもあるらしい
人全然いねえ

お風呂は日本の銭湯と同じ感じ。タオルと寝巻きを貸してもらえる。これで11,000ウォン。

丸いドーム状のサウナに入れる。中人いなくてめっちゃ暑い。携帯壊れるかと思った。
こんな場所がいくつもあって雑魚寝ができる。マットレス固めだし、男女特に分けられていないから、こういうの大丈夫っていう人は泊まってのんびりできるかも。

私はただお風呂入ってサウナ入ってウロウロして、特にすることもないしな…と2時間くらいで出てしまった。大変お安く滞在できるし広いからスーツケースもOKだしサッパリするので、確かに深夜便発着利用の方にお勧め。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です