【クアラルンプール】大学生達とクアラでバカンスを

こんにちは〜

先日少し書きましたが、クアラルンプール滞在中、イケメン大学生2人と一緒にいました。

羨ましいでしょ。おほほほほほ

名古屋の大学在学中のJACKRYOちゃん

スポンサーリンク

※JACKは日本人だけども通称(黒髪にヒゲ)

※RYOちゃんはイギリスやフィリピンが入ったクォーター(メガネかけてる)

宿の傍にあるローカル食堂で相席になって、話すようになりました。

※これは2人と出会う寸前、前のテーブルの方々がノリノリだったので撮った写真

JACKは世界一周旅行を経験していて、学生団体を立ち上げたり、絵が描けたり料理も得意、RYOちゃんはとてもおしゃれで、プロとして写真の仕事をしていたり、会社複数持って稼いでいたりと、凡人には理解できないくらいのハイスペックである。

更に空手や合気道ができ、カポエラまで齧り、外語大の学生なので英語もぺらぺら、社交性もあり、そしてイケメンという。あ、なんか書いててムカついてきた。この2人何でも持ってやがる。

きっと男性の皆様は殺意を覚えること請け合い。

くそっ なんか欠点ないのか。

2人は台湾→フィリピン→マレーシア→ニュージーランドのルートで旅行をしている。しっかりしていて、凄くいい子達なのだよ…もうなんなんだよ…

 

2人とは、チョウキットに一緒に行ったり、ブルーモスクを見に行ったりした。

アラビア文字の時計。かっこいい。これの腕時計とか欲しい。

女性はムスリムのアレ(ヒマール)を着る&被る必要があるので私だけ着用。使い回しており、洗っている形跡がない。今写真ないのですが、中々に気持ち悪い仕上がりになっているなと思っていたら、

「テレタビーズみたいっすよ」と言われる。

(出典 Naverまとめ)

(出典 anlyznews.com)

こんな感じのを被った

 

日本人3人家族と共に、計6人でブルーモスク内をガイドのおじさんが無料で案内してくれる。ミナレット(4本の高い塔)に当初登れると聞いたのに登れず。

繊細な模様がとても美しい

結婚式会場にも案内され、せっかくなので2人に結婚してもらった。

 

おめでとう

 

夕日に照らされるモスク。美しい。

 

 

 

フランコに誘ってもらって、皆で一緒にプールに行ったりもしましたよ〜

誰得なので、私の写真は載せません。靴擦れとサンダル焼けで現在とんでもない足になっております。

……私この旅行で男運全部使い切るんじゃね?

なんか若い男の子の水着の写真ばっかり撮って変態だな。

 

夜は、アメリカでやっていたという、アイスクリームをカップに入れてそこにコーラを注ぐという鬼のようなデザートを食べたりしていた。30代の女に夜11時過ぎに何てものを勧めるんだ君らは。

コーラ久しぶりに飲んだけどめちゃ美味い。

一晩中宿のロビーで話をしたり、ずっと一緒にいてとても楽しかった。クアラルンプールの思い出は2人無しでは語れない。

出会って3日後、彼らはニュージーランドに旅立って行きました。

2人とも気をつけて旅を続けてね!

今度名古屋行くね!社会復帰できたらな!

 

<ブルーモスクに関して>

Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque

最寄のモノレール駅シャーアラムからはタクシーと書いてある情報が多いですが、ふと駅を降りて左手を見るとバス停が。ムスリムの方々が沢山集まっていたので、確かにモスクにお祈りに行くのにタクシーしかないっておかしいよね、と話して近づき、運転手らしきおじさんに確認して、モスクまで行けました。しかも無料のバス。ブルーモスク周辺は学園都市?のような雰囲気で、そこに住む人々の為にバスが走っているようです(予想)。注意すべきは降りる場所で、1つ目で必ず降りましょう。パルテノン神殿の入り口みたいなのがある所。モスクから少し離れているので、そこから5分くらい歩きます。

我々はどこで降りていいのかよく分からず、JACKと私は楽観的に、街がきれいだねェ、裕福な人が多いのかしら、と遠ざかって行くモスクのことは気にせず話しており、RYOちゃんだけがずっと真剣な顔をして「…今更だけど最初の所で降りた方がよかったんじゃ…」と言っていた。「いつか着くよ」とヘラヘラしていたら、バスはUターンして同じ道を戻り始めたので(これも言われて気づいた)、すかさず最初の所で降り、無事に観覧時間に間に合いました。巡回バスのようです。

スポンサーリンク

2 Replies to “【クアラルンプール】大学生達とクアラでバカンスを”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です