【イポー】珍しく街歩き日記

3月14日、フランコ(82歳イタリア人)と一緒に、マレーシアのイポー(IPOH)という街に移動。北の街で友人に会う予定やアポがあるらしいが、それまでは暇なので一緒にいることに。仲良くやっております。

イポー駅

スポンサーリンク

イポーは、もやしとチキンライスとホワイトコーヒーが有名なコロニアル都市で、白っぽい街。ここへ来たのは、見たい珍スポットがいくつかあり、アクセスがしやすいからである。

クアラルンプールからイポーまでは電車・バス等で2時間半〜3時間。凄く高いプラチナ電車に乗ってしまったら、お昼にオヤツが出てきた。ミロにテンションが上がる。

街のいろいろな所に絵が書いてあったり、アート作品があるので楽しい。

自転車立てかけて置く用のトリックアート

給水管だけ本物!

ちょっと歩いただけでこんなにあります!

あ、何か普通の旅日記みたいになってきていいな。

 

犬が多い。

釣りのメッカらしく、川や土手もあるので癒される

良く見ると小さい魚が大量にいる

 

バスターミナル近くに良い廃墟も発見。

蚊がすごい。

ジブリの中で一番好きなのはラピュタです。

この街は旧市街と新市街に分かれているのだが、宿がある旧市街は、夜8時以降、やっている店が殆どないシャッター街と化す。人も車もあまり通らなくなり、やってるのはコンビニのみ。こういうシチュエーションは、ついついアイスやお菓子などを買いに夜中出かけてしまうので良くない。

ほぼ毎晩違うアイス食べていた。

治安はあんまり良くないので夜長く出歩くのはおすすめしません。

 

一泊だけだけども一緒になった、日本人のかずさんとたかさん。

それぞれ1人旅で、珍しく30代。

 

 

<イポーの宿>

1981 Guest House 

26A & 26B, Jalan Market, IpohPerak, 30000,Malaysia

駅から近くてドミトリー(男女混合)1泊700〜800円くらい。ホットシャワーで無料の洗濯機があり、セキュリティもしっかりしていて大変居心地が良い。5泊もした挙句、Hotels.comにレビューまで書いた。そしてコンビニと、超有名なチキンライスの店が徒歩2分。

安い。6RM(250円しないくらい)

ここのスタッフのウェイがすごくいい子だった。中華系マレー人なので、母国語は中国語、マレーシアの教育があるので英語とマレー語、少し日本語まで操るという天才ボーイ。毎夕ジョギングをし、オススメスポットをいろいろ教えてくれ、友達を紹介してくれ、顔も可愛い(男の子)。

こう立て続けに若い有能な若い男の子に出会うと、なんでかこう今までボンヤリしていて申し訳ありませんという気になる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です