【アユタヤ近郊】ワット・ムアン タイの地獄シリーズPart2

アユタヤ遺跡を見た次の日、ここからまあまあ近く行きやすいということで、「ワット・ムアン(Wat Muang)」にある地獄を見に行きました。

ズオオォォォン

こちらは、「地獄の歩き方」という本の表紙にもなっている、ワット・パイロンウアと並ぶ、地獄が有名な寺である。

この2つは、まず地獄好きの基本なのです。

さてどんな阿鼻叫喚が展開されているのか…?

スポンサーリンク

あ、アレな。わかりやすい。

大通りで車から降ろされる。

遠い…炎天下をひたすら金の仏像目指して歩く。

しかし…こんなド田舎に降ろされて…寺に行けたとしても、帰りどうすんだよ…バスターミナルまで歩ける距離じゃない。今日はもう1つ行きたい所があったので、あんまりのんびりしている時間もないのである。

まあ何とかなるだろと思い、到着。

派手な寺である。

入り口付近は天国なので、神様が沢山いる。

たまにこういうとっても親しみやすい神様を見かける。

白装束集団

広いよ天国

地獄はちょっと奥にありますよ。

今回も以下は「地獄のジオラマ閲覧注意」です。

Welcome!

では!!↓

裁判所「君ら地獄行きね」

さあ地獄スタート!

サックリ

ひいいいいイィィ

皆さんガリガリ

この地獄は、色がキッチリと塗られており、比較的新しそうなオブジェ達が並ぶ。形もパイロンウアに比べてちゃんと人間の形していて、気持ち悪くはない。

特徴的なのは、囚人の皆さんがとても人間臭い表情をしている点である。

ちゃんと悲しそう。

こんなの嫌あァァァァ

このお寺の獄卒の皆さんは、ムッキムキで肌が褐色で、大変逞しい。

ベロ長い。この地獄は皆ベロ出してる。ベロ長い意味とは。

自分でピストル持ってるのに銃剣でやられてる。

生きてる時にピストルで人殺したのかしら。

キャッチーでコミカル。

この巨大な2人は、最初囚人かと思ってら、どうやらタイの妖精「ピー」という名前らしい。全っ然かわいくない。

足を突っついて遊ぶ子供。

鳥が…鳥を…

 

そして、新登場、エビ。

そして巻貝。

シンガポールやマレーシアでよく見かけるものの、タイでは初めて。

貝殻を背負わされるという、亀仙流的な修行。

ワット・ムアンは、動物の他に、魚介類に変えられてしまう制裁もあるのですな。

釣られるナマズ。

亀もいる。妙に艶かしい足。

お約束の、どうぞお許しくださいシーン

全体的に赤黒い地獄でした。

 

他にも、伝説上の戦争シーン?みたいなゾーンもありました。

神様同士?

お前の班、右翼側から突っ込め

ウス

おうふ

ええええええ ちょっと…それはどうかと…

 

ここまでくるともう神話なんだろうけども全然理解不能

突然いてびっくりした こわっ

どうしても、ワット・パイロンウアと比較してしまいますが、広さ、アクセスのしやすさ、オブジェのキモさで言うと、パイロンウアが良い。

ムアンは、ライトな地獄?で綺麗、敷地もそこまで広くないので見やすい、お店もいっぱいあるので飲み物購入や食事も簡単、トイレもわかりやすいので便利。ただアクセス、帰りがちょっと面倒。

トイレと飲み物は、一年中めっちゃ暑いタイにおいて、命に関わるので結構重要な要素です。大事。

一番奥にあの金ピカのブッダ。楽しかった!!

 

<アユタヤからの行き方&帰り方>※だらだら書いてます

Wat Muang

 

アユタヤのバスが沢山出ている所で人に聞きまくり、トゥクトゥクを振り切り、バスに乗って、まずはアントーンのバスターミナルを目指す。

車内の様子。ゆるゆる

そこからソンテウ、トゥクトゥク、タクシー等がありますが、ターミナルの人に「ワット・ムアンに行きたい」と言うと、人数集まると出発するミニバンに乗せられ、近くまで乗ることができることも(方角が同じだからということらしい)。ただ大通りで降ろされるのでめっちゃ歩く。

帰りは、トゥクトゥクばっかりである。私は各地で出会う世界各国のタイ経験者達全てから、「トゥクトゥクだけは信用するな」と言われ続けて避けている。ドライバーと喧嘩するのが楽しいという変な日本人もいたが(ヒロくん)、私は無用な争いは避けたいのだよ。30過ぎてるとはいえ、女1人なんでね。

結局バイクタクシーに乗ってターミナルへ戻った。昨日ショーンとバイクに乗っていたので、まあ免疫は多少付いたものの、バイタクは、ノーヘルでかなりスピードを出しながらカッ飛ばすので、コレこけたら即死だな…と思うと結構怖い。

しかし、このスピードで風を感じながら走れるのは、日本では暴⚪️族に入る位しかチャンスはないので貴重ではあります。ドライバーもプロではあるし、割と現地の人々も平気な顔して乗ってるので、イケる!と思う方はいいと思います。

私はこの日、結局3回もバイタク乗りましたよ。不良の気分が味わえますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です