【アユタヤ】遺跡の街 マジで犬どうにかしてほしい

そろそろバンコクから移動しようかしらと思い、アユタヤに行くことにしました。

スポンサーリンク

ヒロくんとはここでお別れ。なんやかやといろいろな所に付き合ってくれたり、手巻き寿司くれたり、タイパンツくれたり、夜中にお菓子をしょっ中一緒に買い食いしたり、楽しかったよ。ありがとう。太ったのはきっと君のせいだよ。

さて、電車で移動しようと切符を買ったら、アユタヤ行きの電車は、自由席の鈍行(約1時間半)で50円弱だった。びっくりした。気軽に行ける。皆さん行った方がいいよ。朝4時から夜10時位まで電車走ってるし。

まあ案の定列車は遅れ、夕方に宿に到着。タワー仲間のスタンが昨日からアユタヤ入りし、私が到着する日に出るってんで、合流して茶を飲み、寝台車に乗る彼を見送った。KENZOの日本のビデオが大好きらしい。さすがフランス人、アンニュイ。

スタン。

そして、宿で同じ部屋だったニュージーランド人のショーンと仲良くなり、翌日、バイクの後ろに乗せてもらって、一緒にアユタヤ観光しておりました。

ここ数日、妙に白人フラグである。

このブログを読んでくださっている方々は、正直私のアユタヤ観光の話とかあんまり興味ないと思うので、サラッと写真を載せるだけにしたいと思います。

まあしかしながら、アユタヤはすごい。街中をちょっと歩くだけで、こんなのがボッコボッコある。

ショーン。ヘビーメタル大好きで、ミャンマーで酷い目にあったらしく屋台のご飯が怖い29歳。「…この店、冷蔵庫ある?」をめっちゃ言う。好きなバンドはtool。

寺の種類も多すぎて名前なんて覚えきれないので、地図が手放せない。

京都状態である。

300年くらいしか経ってないのに、当時のビルマに散々ブッ壊されてるので、ものすごい年月が経っているような遺跡感。

こんな小さいのまで…

この、仏像の頭を徹底的に壊すのすごいな…中に入ってる宝飾品を狙ったらしいけど、最早何かの恨みを感じる…

 

ハイライトは↓

❇︎ワット・プラ・マハータート❇︎

すごく有名な木の根に仏様の顔が埋まってるアレ

❇︎ワット・チャイ・ワタラーナム❇︎

ここめっちゃいい 広い 見ごたえあり

❇︎ウィーン・プラ・モンコン・ポピット❇︎

大きい金ぴかの大仏がある。30分ごとにちょっと変わった儀式をやっている。

オレンジの布を後ろにおじさんたちがブン投げて、それを結んで皆に回して…という儀式。

バイクでブオオォォォと走って回ったので、1日で見たい所は回れた。疲れた…

バンコク発の日本語ガイド付き日帰りツアーもあるらしく、お手頃なので、時間ない人はそれに参加するのもアリだと思う。

 

<注意>

アユタヤには野犬が沢山います。夜は至る所で遠吠えが聞こえます。

ショーンとバイクに乗って寺に入ろうとした時に、犬に吠えられて追いかけられた。狂犬病もさることながら、顔噛まれたばっかりで結構マジで怖い私は、ひいいぃぃぃぃと両足をペダルから離してエビみたいに縮こまってビビりまくってしまった。ショーンが「Hold on!!!」と叫びながら加速して何とか振り切ったけども、本当に怖い。行く方は犬には気をつけてください。

夕方、遺跡の敷地内で謎のエアロビを大音量で始めるおばちゃんたち。こういうのにはとても楽しそうに寄っていく犬たち。

 

<アユタヤの宿>

Sleepaholic Hostel

(Naresuan Rd, Tambon Hua Ro, Amphoe Phra Nakhon Si Ayutthaya, Chang Wat Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000)

朝食ビュッフェに西瓜とバナナが出るのがポイント高し。3月は暑くてオフシーズンなのか、全然混んでなかった。まあまあ綺麗だし、目の前にバンコクに帰るロットゥー乗り場があるし、セブンイレブン徒歩30秒で便利。ただアユタヤの鉄道駅から恐ろしく遠かった…

 

<おまけ>

なんとなく複数回行ってしまった食堂。妙に雰囲気だけ仲良くなってしまった。ここは店主が日本の古い玩具好きだった。

「”ポピー”って昔のバンダイね。」と解説された。詳しいな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です