【番外編 高知県】ゆず庵 異色のファミリーレストラン

今回は珍しく、高知県での食事処のスポットの記事である。

「ゆず庵」は高知県民ならば誰でも知っているという程の、大変有名なファミリーレストラン。食べログにも載っている。

スポンサーリンク

到着。

ここが…ファミレスだとは…

すんごいのけぞっているサメがいる。

大塚家具の久美子社長からのお祝い。

この頃はまだかなりタイムリーなネタであった。

今は誰からのお花になっているのだろうか。

オリジナルペイントの妙な車も数台駐車している。

一歩間違えばゴミ屋敷っぽくも見えるごちゃごちゃ感

なるほど

 

実は年中無休・21時閉店という情報を得ていた為、夜20時過ぎに着くスケジュールで、土佐大津駅から約30分、暗闇の中を一眼レフを携えて早歩きし、汗だくで到着。着いた途端、バイトのお姉さんに、「すみません…20時にラストオーダーです…」と言われ、心の中で号泣しながら「明日はやってますか…」とつぶやき、翌日の昼に出直した。

夜は超怖いサメ

 

 

念願のゆず庵店内はこんな感じ。

午後3時という中途半端な時間に行ったせいか、お客さんは私1人。店員のお姉さんに「写真撮っていいですか」と興奮して尋ね、しばらくバッシャバシャ撮りまくり、「あの…料理ができたんですけども…」と声をかけられる始末であった。

私の全く使いこなせていない一眼レフのメモリが火を吹くよ。

この龍の足に

鳥肌のおもちゃがぶら下がる

壁から鯨。恐竜もいた。

お土産も多数販売している。

お座敷席もあり、お子様連れに優しい。

なぜか漫画も大量に乱雑に置かれている。

時間があったら読みたかった…

これいろいろ大丈夫なのだろうか

社長が世界各国を回って集めたらしい様々な謎の雑貨やオリジナルのグッズたち。みうらじゅん氏に通ずるものがある。

いい趣味してらっしゃる。

羨ましい。私もいつか砂漠に行くんだーーー

ジャコウネココーヒーがこんなにお手頃価格で飲める!

 

社長はご自分大好きな方らしく、沢山お写真が。

トイレの周りには、社長の顔で作られたお札が大量に貼られている。

シュール

店内には巨大な龍馬とお龍さんのオブジェ。

 

にんにくのランプシェード。

手書きで「ニンニクぜよ!」って書いてある

こういうセンス最高。大好き。

エイリアンのバックに見える景色ののどかなことよ

レトロなレストランとかによくある、100円で星座占いできるやつがあったが、やった人々がランプシェードに結び付けてゆく様子。神社。

どことなく違和感がある高級そうなシャンデリア

ウェディングパーティもできるよ

メニュー表記も味がある。

新聞紙に貼り付けてあり、よくよくその新聞を読むと、ゆず庵の記事が載っているものを使用している。

手作りドレッシングの賞味期限に「酸っぱくなるまで」と記載が。

細かい所までこだわりを感じる。

 

そして肝心の料理…

今回は、鯨カツとオムライスのセットを頼んだ。

これが…

激ウマ。

特にオムライス。

大前提として、私は情けないことに、なんでも美味しく、高級な料理と安い料理の差があんまりわからないタイプである。

今まで食べたオムライスの中で一番ではないかと思うくらいの美味しさ。どうやら手間暇をかけて作っている様子である。

ゆず庵が、ただ珍しい内装・外装のレストランというだけでなく、高知県中に知れ渡っているのは、これも理由だと思う。

そして名物、「カツオのタタキパフェ」

これは本当に

パフェにカツオのタタキが乗っかっているだけである。

カツオは皿に取り分けて食したが、生クリームの付着したカツオは、予想よりもちょっと意外な味であった。

ズズズズズ

付属しているこのフサフサした緑は、詳しくないので何の葉っぱが不明だが、妙に辛い。少しかかっているこのカラースプレーも不穏な空気を演出している。

カツオの枚数によって値段が変わる。これは小サイズ。

私は1人旅をすると、ご当地名物料理やご飯、食材をついないがしろにする傾向があり、今回の高知旅でも、ぼうしパンや中日そば、じゃこソフトといったものは食べずじまい。このゆず庵で、鯨カツと、思わぬ形でカツオのタタキを1枚食しただけであった。

帰ってきて、「タタキくらいはちゃんと食べてくれば良かったなァ」と思う。しかし、やはり食事は誰かいないと美味しくないと思うので…

1人だと、「お腹すいたけども…次の電車のこともあるし、駅に向かわなくてはならん。何かすぐ食べられるものは…」と結局コンビニに寄るというひどい食生活。ローソンにめっちゃお世話になった。

以前台湾に行った時も、小籠包を結局食べず、台湾のセブンイレブンに大変お世話に。30超えた女とは思えないひどいものである。

帰ってから周りの知り合いに、「また何も食べてこなかったのか…」と呆れられている。

高知へ行かれた際は、ぜひゆず庵こだわりのオムライスを食してください〜

 

【アクセス】

場所は高知県南国市。

最寄駅は、高知駅前から出ている路面電車の駅、「小篭通」

そこからおおよそ歩いた印象だと徒歩20〜25分。

JR路線沿いだと「土佐大津」駅が最寄。こちらは歩いて30分。

もうね、車しかお勧めしない。

大きい道路で、車がビュンビュン通る脇をひたすら歩くので、歩く人はお気をつけて。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です