【番外編 高知県】地球33番地 グローバルな珍住所

高知県やや珍スポットめぐり、続きましては「地球33番地」

意外と知られていないけども、結構すごいスポットだと思う。

スポンサーリンク

【地球33番地とは】

高知県高知市弥生町にある、旧日本測地系による”統計133度33分33.333秒・北緯33度33分33.333秒”の地点を指す愛称。ただし、現在の正しい測地系である世界測地系によるこの地点の経度・緯度は、東経133度33分23.937秒・北緯33度33分45.446秒である。

(Wikipediaより)

つまり、昔の日本の基準で測った場所に記念のモニュメントがあるのだが、世界基準で測るとちょっとずれていると。

世界基準で測った場所は、ここから東南に約400mの所にある。

ただ、公式サイトによると、「しかし、私たちは当初からの川の中のポイントを愛し、いまでも『地球33番地』と呼んでいます。」とのことです。

強気です。

他にこのような数字が並ぶのは、地球上だと、ほとんどが海の上で、陸上ではわずか10箇所、しかも、砂漠の真ん中や大平原なので、街中でアクセスしやすい場所というのはかなり貴重らしい。

こういう所って、そこに行くと何か地場的に歪んでいるとか、異世界に行けるとか、体質が変わるとか、能力に目覚めるとか、そういったことはなさそうですが、行ったからだからなんだという場所でもあるのですが、しかしせっかく行ける場所にあるなら、行ってみたいと思うものです。

高知駅の目の前にある、路面電車「高知駅前」に乗り、「知寄町1丁目」で下車、そこから歩いて約10分。

「ごめん」の字がかっこいい電車

着いた瞬間、ここがそうなのかァと思った。

当然なんだけども、そうかァ、でも普通だなァ、川の上にあるのどかな場所だなァという印象だった。

全然人がいない。

カモ天国。カモばっかり。

歩いている人も地元の人ばっかりで、ただの公園である。

みんな…!ここは地球33番地だよーー…

 

銀色のモニュメントのある反対岸にも白いモニュメント。

 

お向かいに、「地球33番地到達証明書」を発行してくれる所がある。

しかし…

まぁのぼりも立っているし、公式にいろいろと大丈夫なのだとは思うのだが、こう、民家っぽい所に、「地球〜…」と書いてあるのは、表札に、「地球防衛軍」って書いてあるような、妙な怪しさを感じてしまう。

ビビった私は、迷った挙句、結局怖くてインターフォンを押せなかった。

すみません。

周辺は趣深い街で、かなり「地球33番地」を推している。

通りにも名前が付いてる!!

倉庫街も素敵。

 

ちなみに世界基準で測った地球33番地は、そこから歩くと約15分程のところにあった。

路面電車は「知寄町2丁目」が最寄りで、ベスト電気の裏にある細い道のところ。

なんもない。

こちらは全然愛されていなかった。

でも意外と面白く、試しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

<おまけ>

高知のモーニングは安い。こんなについて400円くらいであった。

この豆のサンドイッチの、どこか気の抜ける味も良い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です